ペットと人の関係の変化と、飼うことの責任について考える

実用的な存在から富の象徴へ一説には、人間が犬や猫を飼い始めたのは紀元前と言われています。もともとは家畜を大型の野性生物から守る番犬や、穀物などをネズミなどの被害から守るために猫を飼ったのが、ルーツです。当初は家畜に近い扱いでしたが、次第に富の象徴として珍しい種類の犬猫や動物を飼うことが為政者やお金持…