ペットと人の関係の変化と、飼うことの責任について考える

実用的な存在から富の象徴へ

一説には、人間が犬や猫を飼い始めたのは紀元前と言われています。もともとは家畜を大型の野性生物から守る番犬や、穀物などをネズミなどの被害から守るために猫を飼ったのが、ルーツです。当初は家畜に近い扱いでしたが、次第に富の象徴として珍しい種類の犬猫や動物を飼うことが為政者やお金持ちの間で流行するようになりました。この頃から品種改良も盛んに行われるようになり、たくさんの種類の犬や猫が誕生しています。

次第に人に寄り添う存在へ

実用性やステータスとして飼われていたペットたちですが、現在は人に寄り添い、癒しの存在へと変化しています。小さな子どもがいる家庭では、弱者への思いやりの心を育てる情操教育に役立ち、お年寄りや子供が巣立った家庭などでは愛情を注ぐ対象として飼われることが多くなりました。このほか、医療の現場でもアニマルセラピーなど、動物と触れ合うことで患者のストレスを和らげるなど、人とペットとの距離感が近くなっていると言えます。

ペットを飼うことの責任について

もはやペットは「家族の一員」と言って過言は無い存在です。しかし、残念ながらペットを捨てる人がいることも事実です。特に最近では、高齢化したペットを捨てたり、日本に存在しなかった生物を捨てることで生態系を脅かすなど、社会的な問題にもなっています。当たり前のことですが、ペットは生き物である以上、成長もすれば病気にもなり、歳もとります。養っていくにはある程度の出費は覚悟しなければなりません。そこのところを良く考え、最後まで責任をもって飼う心構えが大切です。

子犬販売なら神奈川の評判の良いブリーダーの元で育った子犬が安心です。獣医師による健康管理も徹底され、万が一の病気に備えた保証も一定期間付きます。