ペットの買い方はいくつある?おすすめのペットの買い方は?

様々なペットの購入方法

ペットの買い方は、友人等から譲り受ける方法や野生から迎え入れる方法、ペットショップやブリーダーから購入する方法の他、通信販売を使って購入する方法があります。譲り受けたり野生から迎え入れる方法は、コストがかかりませんが、血統書などが付いた犬や猫は購入できないというネックがありますし、病気などのリスクも出てきます。

一方、ペットショップやブリーダーから譲り受ける方法は、ちゃんとしたお店が犬や猫の健康管理を行っていますので、比較的安心して購入することができる方法です。どちらにも長所や短所は存在しますが、初めてペットを購入したいという方は、最初はペットショップやブリーダーが販売しているペットを購入すると安心出来ます。

ペットショップで購入する方法は安全で安心

犬や猫以外のペットを野生から迎え入れてペットにする方法もありますが、野生で暮らす動物の中には、飼育が禁止されているものもあります。それを勝手に捕まえて、飼ってしまうと法律で罰せられてしまうケースもありますので注意が必要です。

しかし、ペットショップで販売されているペットなら、第一種動物取扱の登録を行っているお店が販売しているので、そのような心配は要りません。また、野生の犬や猫は、感染症にかかってしまったり、体内に寄生虫を飼っている可能性もありますが、ペットショップでは衛生状態も管理されていますので、そのような事も非常に少ないです。

また、ペットショップでは人間が普段からペットを管理するため、人馴れをしているというメリットもあります。人馴れをしているペットなら、購入した後も直ぐに飼い主に馴れてくれやすいです。

東京都には、全国チェーンのペットショップも、容姿や性格にこだわって育成しているブリーダーも数多く存在します。子猫販売なら東京都で探すと効率が良いです。