どれがいい?ペットの買い方とその違いについて

ペットの購入の仕方とは

ペットを飼いたいと思った時に、どこで何を見てどの場所で購入すればいいのかわからないことも多いですが購入する場所によってメリットデメリットがあります。

手軽なのがペットショップでの購入です。基本的に犬や猫などのほか鳥や爬虫類など好きなペットを手に入れることができます。ペットフードやケージなど必要なアイテムも買い揃えられますが、自分の希望する品種必ずいるとは限らず値段も高くなります。

オススメなのがブリーダーからの購入です。専門的にペット飼育をしているため、心身ともに健康なペットを比較的安価に手に入れられます。アフターケアも充実しているのも魅力です。希望している品種のブリーダーが、身近にいないことも多いのがデメリットです。

里親制度は動物愛護団体や保健所で保護しているなどの里親を募集しているペットを探して、飼い主になるという方法です。安く手に入れることができますが、ペットが攻撃的であるなど問題があります。

購入場所のポイントとは

ペットショップやブリーダーで購入する場合には、信頼できるところを選ぶことが大切です。

信頼できるところを選ぶポイントとしては、まず店内のニオイと清掃管理がきちんとできているかをチェックします。ペットが清潔な環境で飼育されているか、排泄物や食べ残しがケースに残っていないか、強い匂いがするかなどをチェックしていきますが、これらができていない所は避けた方が無難です。

動物を販売する場合には自治体から動物取扱業者の許可が必要です。そのため動物取扱業者標識を掲示されているところを選びます。

ペットの健康状態やワクチン接種履歴がわかり、店舗経営しているところを選ぶことでトラブルを避けることができます。

子犬販売なら神奈川県がおすすめです。神奈川にはブリーダーがほかの県に比べて多いので、簡単に売ることができます。