自分だけの時間を刻む!機械式時計の果てしない魅力

機械式時計は職人技の結晶

今は技術の発展で、電気の力で動いていて、正確性も高い時計がたくさん流通しています。そんな中で、機械式時計は「古い技術」を使っていて「正確さに劣る」という認識を持っている方も多いことでしょう。さらにその上、機械式時計は高価です。時計としての機能を追求するのであれば、安くて正確な、電池や電源からパワーをもらって動く時計の方が優れていると言えます。
しかし、機械式時計には、それ以外の時計にはない魅力があります。それは、機械式時計は、細かな歯車を精巧に組み合わせる職人技の結晶であるということです。機械式時計の裏蓋を開けてみれば、そこには美しい工芸品といっても過言ではないようなみごとな歯車の組み合わせを見ることができます。電気で動く時計にはない伝統の醸す雰囲気がそこにはあります。

世界で一つだけの時を刻んでくれる

機械式時計は職人の手造りですから、言ってみれば生まれた時計一つ一つが、それぞれに世界で一つだけの時を刻むものだということが出来ます。つまり、それを手にした人は、他の誰とも違う自分だけの時間を持つことになるのです。それが機械式時計だけが持つ特別感です。機械式時計を持つことで、正確に計られはするけれど個性のない、味気ない時間とは一味違った、奥行きのある時間を感じることが出来ます。正確さが尊重される現代においてあえて機械式時計を持つことは、個性のある味わい深い時間を持つという最高の贅沢と言えるでしょう。その時間は、時計造りの長い伝統ともつながった豊かな時間なのです。

パテックフィリップは一つの時計の製造に大変時間をかけています。製造過程に鋳造があるのも特徴の一つで、時間をかけ丁寧に作られているからこそ綺麗な時計に仕上がるのです。