健康なペットを迎えるために!ペットショップの見極めのポイント

ペットの身元がわかるようになっている

ペットを売るにもいろいろな法律や条件があります。それにのっとっていることが判断できるためにも、ペットの身元が顧客にもわかるようになっていることも良いペットショップの判断材料になります。例えばどこで生まれたのか、生年月日、種類なども必須項目です。特に犬は生後56日以内では販売してはいけない法律に変わっていますので、生年月日の表示がない場合は避けた方が良いでしょう。

ケージが清潔に保たれているか

ペットを展示しているスペースはいわばそのペットの家になっています。その場所が汚れていると病気になってしまう可能性が高いです。とはいっても、ずっと店員が見張っているわけにはいかないので汚れていることもあるでしょう。しかし、それが長時間放置されている、何回か行ってみていつも汚れているとなると、管理が適切に行われていないと判断できます。掃除ができていないなら、食事の管理も不十分でしょうから、やはり病気のリスクが高くなります。

スタッフの質を確かめることも重要

ペットショップの店員の知識やモラルも重要なポイントです。命を扱うのでそれなりの知識があり、扱いも大切に丁寧であるかもチェックポイントです。知識があれば適切な管理ができますし、ペットの様子がおかしいなども早く気づくこともできます。掃除や面倒を見るところを見ていてもわかりますが、さらに質問をしたりして適切な専門家であるかを見極めることも大切です。少なくとも、いつも1人はそのようなスタッフがいることは最低限必要でしょう。

ペットショップでは様々な種類の生き物を扱っており、実物を眺めたりスタッフの説明を聞くことで、自分と相性の良いペットが見つかります。